Search this site :
第4回ディネアミカル@八芳園 理事会編
2010年最初のディネアミカルは、
白金にある八芳園にて行われました。

門2

江戸時代、天下のご意見番として有名な
大久保彦左衛門が晩年を過ごした場所。

門

その後、松平家や島津家の下屋敷として使われ、
明治になって、のちの日立製作所の基礎を作り上げた
鉱山王と呼ばれた久原房之助氏が
今ある邸宅や庭園を作ったのだそうです。

玄関2

今回のディネアミカルは、まさにその邸宅を料亭としている
壺中庵で行いました。

看板

4月の半ばではありましたが、
園内は若干桜が残っていて、ギリギリのお花見というところです。

桜1

ディネアミカル前には、恒例の、臨時理事会を開催しました。
服部会長体制になって、ほぼイベントごとに
細かい打ち合わせを重ねております。

理事会

お二人の理事の方々がお休みではありましたが、
真剣に各種審議を重ねます。

理事会服部
服部会長

理事会本多
本多事務局長

理事会谷川
谷川会計担当理事

理事会引地
そしてわたくし広報担当の引地

今回の審議は、

1.申請が出されている3名の会員希望者の審議
 無事3名とも認証させていただきました。

2.10月のグランドシャピートゥル日程変更の審議
 当初の日程がどのホテルでも予約が取れない状況なので、
 10/1・2日へと変更をいたしました。
 なお、1日は前夜祭としてシンフォニーの船上で
 のウェルカムディナー
 2日がガラディナーをセルリアンタワー東急ホテル
 で開催することに決定しました。

3.会計監査の役職を設ける件の審議
 会員の中から、大橋修会員を会計監査の役をしていただくことで、
 決定しました。

4.その他
 次回会報誌について、海外よりの会員のために、
 別紙英文訳を制作すること、

 新会員や昇格者が認証式に欠席の場合、
 メダルは必ず認証式に出席してお渡しすることの確認、

 等が決定しました。

理事会全員


広報担当理事 引地報告

 


グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://blog.rotisseurs-kanto.jp/trackback/1037053
Trackbacks