Search this site :
2010 Tokyo グランシャピートゥル・ガラディナー
2010年10月2日土曜日、

セルリアンタワー東急ホテルのボールルームでは、ガラディナーが
定刻どうり7時に開演されました。

会場が暗転し、まずはシェーヌのヒストリーがビデオ上演されます。

ビデオ2

ビデオ3

ビデオ1


今回も司会はフリーアナウンサーで当会会員の
玉利かおるさんとわたくし引地です。

司会


そして恒例の服部会長のご挨拶。

服部会長


インダクションオフィサーとしてドイツよりお越しの
クラウス氏をご紹介します。

クラウス氏紹介


最初に20年以上にわたって会員として活躍された方に、
コマンドール勲章の授与です。

コマンドール

日本本部の巻波会長とクラウス氏より鈴木元理事に贈呈されます。

コマンドール2

おめでとうございました。


続いて今日のお料理の説明を
セルリアンタワー東急ホテル福田総料理長、

福田さん

今回はフレンチと中華の饗宴ということで、
四川飯店グループ代表の陳建一さんより行われました。

ayxy


そして本日のワインを鳥井シェフソムリエのほうから説明します。

鳥居さん


アンフロレッサンス ブラン・ド・ブラン

ワイン3

シャンパーニュ

乾杯の発声は、フランス大使館広報担当参事官ジュール・イルマン氏。

イルマンさん

素晴らしく悠長な日本語でのご挨拶。

乾杯

乾杯!

無事に前半戦が完了です。

ほっとした僕にクラウスご夫妻が声をかけてくれました。

引地とクラウスご夫妻


アミューズ

アミューズ

アミューズ2



歓談もすすみます。

皆さん1


まずは御苦労さん…、と巻波・服部会長からも声がかかりました。

司会と理事


ローストの香りに包まれたタラバ蟹のシャルロット
甲殻風味のゼリーに雲丹とキャビアを添えて

前菜


メルキュレイ ムルソー

ワイン2

白ワインとのマリアージュは素晴らしいものです。



皆さん2

皆さん6

テーブル全体

そんな中厨房の横では陳さんが盛り付けの指示を出しています。

厨房陳さん

伊達鶏の冷菜 五粮駅の香り仕立て

陳さん料理

そんな陳さんもずくに宴会場でご挨拶。

陳さんクラウスさん

陳さん落合さん

福田さんも皆さんにご挨拶です。

皆さん4


トリュフ薫るフランス産フォアグラのロワイヤル
ホテルコンソメの極み

ロワイヤル


更にお二人は厨房から作り方の中継までしてくださいました。

陳さん福田さん2



味の濃い四川中華には、
赤ワインはいかが…、

クローズ・エルミタージュ

ワイン1



伊勢海老のXO醤炒め 〜中国野菜添え〜

伊勢海老


クラウスさんも挨拶に回ります。

皆さん5

皆さん6


クラウスご夫妻もハイポーズ!

クラウスご夫妻


ここで福田総料理長のキッチンライブです。

福田さんライブ

肉1

肉2

特選牛肉の炙り焼き
古代中世、ファーロ麦の茸風味と共に

肉3


ロティスールの原点、炙ったお肉です。


このお料理にはブルゴーニュの赤ワインがぴったりでした。

ワイン4

しかもこのワイン、新会員の山田さんの贈呈なのです。

山田さん

ありがとうございます。


ご本人がボーヌで落札したというワイン。

山田さんワイン

いや、本当にフルーティーな香りフルーティーなお味、
素晴らしいワインでした。


メインテーブルの皆さんでポーズ。

理事テーブル


デザートは、

シトロンバジルのソルベと季節のフルーツ盛合せ

デザート

このデザートに合わせるために、

今回特別に南部美人様よりご提供いただいた…、

スパークリング梅酒

梅酒


やれやれ終わりの時間ですかねぇ。

日本本部理事


ここでクラウスさんがドイツからのお土産を渡したいということになり…、

クラウスさん

日本の会に貢献している方々にオリジナルエプロンをプレゼントです。

エプロン1

エプロン2

エプロン3


最後に巻波会長にも記念品が贈呈されました。

巻波会長



といったところでお開きの時間が近づきました。


セルリアンタワー東急ホテル総支配人の行澤氏よりご挨拶です。

総支配人挨拶

ラスト1


恒例のお料理人とサービススタッフに感謝タイム。

ラスト2

ラスト3

ラスト4

ラスト5

ラスト6


あっという間の3時間でした。

皆様ご参加ありがとうございました。


プロの写真家による皆様のたくさんの写真はこちらから
ダウンロードしてください。






広報担当理事 引地報告
グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://blog.rotisseurs-kanto.jp/trackback/1037071
Trackbacks