Search this site :
特別企画 真夏のディネ・プレミアム@赤坂たけがみ

シェーヌ・デ・ロティスール関東支部では、毎年この暑い夏の時期
にはイベントを行ってきませんでした。

しかし今年起こった震災復興のためにも、『がんばれ東北!』
の願いを込めて、東北の岩手・宮城・福島の3蔵元より
日本酒を取り寄せ、当支部会員でもある神谷昌孝氏のご協力のもと、
赤坂たけがみにて、日本料理とのマリアージュ・イベントを
7月16日土曜日に開催いたしました。

tak-1027.jpg

当会としては珍しい日本料理の会。

各蔵元より2種類のお酒を取り寄せました。
したがってワイングラスもたくさん用意しました。

tak-1025.jpg

シェーヌ・フラッグも何とか準備完了。

tak-1031.jpg

カウンターでは神谷さんが自ら、準備をしていました。

tak-1032.jpg

tak-1039.jpg

tak-1034.jpg

あまりの真剣な表情に、ちょっと声もかけることができない
ほどです。

日本料理の会とはいえ、やはりアペリティフはシェーヌイベントに
ふさわしいシャンパーニュです。

tak-1018.jpg

今回このイベントの趣旨に賛同して頂いた日本リカー様
がご協力してくださいました。ありがとうございました。

シャンパーニュは何と、
2000年のテタンジェ・コント・ド・シャンパーニュ
ブラン・ド・ブランです。

tak-1052.jpg

お酒もよく冷やされて出番を待っています。

tak-1053.jpg

受付には蔵元の案内資料もおかれました。

tak-1054.jpg

さて開会です。

tak-1059.jpg

恒例の服部会長のご挨拶から。

tak-1062.jpg

珍しく白いジャケットを着ておられました。

続いて、お料理の説明を神谷さんからしていただきます。

tak-1065.jpg

今回のすべてのお酒の手配と、蔵元との交渉など
また当日のお酒の解説は、フリーアナウンサーで
また利き酒師の「あおい有希」さんにお願いしました。

tak-1070.jpg

フジテレビの朝の情報番組、『とくダネ』の中で、
生コマーシャルもしていますよ。

そして今回蔵元から唯一参加いただいた、
大七酒造の太田英晴社長にもご挨拶いただきました。

tak-1072.jpg

さてせっかくですから、乾杯も日本酒で。

乾杯のご発声を日本本部副会長の堺正章さんにお願いしました。

tak-1075.jpg

tak-1084.jpg

まずは宮城県 勝山酒造 純米吟醸『献』からスタート。
乾杯!

鯛素麺

IMG_0816.jpg

蒸し鮑、椎茸、卵、オクラ、煎り米仕立(だし)


鱧おとし

IMG_0819.jpg

鱧に乗っているのは、梅肉ではなく、なんとドライトマトです。


次の日本酒は、
福島県 大七酒造 純米大吟醸 雫原酒『宝暦大七』


そしてマリアージュされるお料理は、

穴子寿司

IMG_0824.jpg

米入りおから、つめ(バルサミコ)、青味


大七のお酒については、太田社長からもいろいろとお話を伺いました。

tak-1102.jpg


更に大七とのマリアージュ…

すっぽん白玉

IMG_0830.jpg

先取りとでもいいましょうか、松茸

tak-1101.jpg

白玉の中には、たっぷりのスッポンです。


3番目の日本酒は、
岩手県 南部美人 純米吟醸 美山錦

造り

tak-1109.jpg

大間の本鮪、鰈洗い、烏賊


4番目の日本酒

勝山酒造 純米大吟醸 極純原酒『暁』

「遠心しぼり」により酒と酒粕を分離し、空気に触れず、低温で高純度のエッセンスを抽出する手法で醸し出された、いままでのあらゆる日本酒の概念を超える次世代の酒だそうです。



甘鯛うに焼

IMG_0833.jpg

参加者の皆さんもいい感じになってきましたよ。

tak-1111.jpg

tak-1117.jpg

tak-1119.jpg

tak-1120.jpg

tak-1114.jpg

この日は服部会長が皆様を回って写真を撮っておられました。

tak-1129.jpg

tak-1132.jpg

tak-1137.jpg

tak-1142.jpg

tak-1145.jpg

tak-1152.jpg

tak-1154.jpg

tak-1155.jpg

tak-1158.jpg


ここでちょっと趣向を変えて、燗はいかがですか、

大七酒造 純米木桶仕込み『楽天命』


小鮎サラサラ揚げ

IMG_0834.jpg

新銀杏、もろこしかき揚げ、海老生揚げ、ライスペーパー釜盛り、ちり酢


煮物

IMG_0840.jpg

冬瓜含ませ、フカヒレ、ナマコ、湯葉、インゲン、生姜おろし



手打ちそば

IMG_0841.jpg

神谷さんの日本料理の伝統を守りながらも、斬新な他料理の食材も取り入れるお料理の数々でしたが、

やはりこだわりの100%手打ちそばはお勧めです。


最後のお酒は、

南部美人 ノンシュガースパークリング梅酒

そしてマリアージュのデザート四種

tak-1197.jpg

スイカ二色ゼリー

IMG_0847.jpg

水羊羹

IMG_0848.jpg

ティラミス

IMG_0845.jpg

シャーベット
デラウエア入りゼリーかけ

IMG_0846.jpg


日本酒だけに、少し酔いも回りますが、

ワイングラスでの香りとお味を楽しむ日本酒も格別です。

堺副会長もテーブルを回られておりました。

tak-1192.jpg


初めての、日本酒と日本料理の会…、

またやってみたいですね。

最後に…、

tak-1210.jpg




広報担当理事 引地報告

グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://blog.rotisseurs-kanto.jp/trackback/1037081
Trackbacks