Search this site :
第2回ディネアミカル@セルリアンタワー東急ホテル
2009年2回目のディネアミカルは、9月10日に渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われました。

40階にあるクーカーニョは、2年連続ミシュラン1ツ星を獲得、またベストホテルランキング「エクスペディア・インサイダーズ・セレクト 2008」では、なんと世界6位にランクされるなど、老舗ホテルや海外のホテルが有名な東京で、かなりがんばっているホテルなのです。

関東支部では、その勢いのあるホテルでの食事を皆様に感じてほしかったのです。

セルリアンタワー

タワーの39階にある、当日のバンケットは、南から西を眺めることが出来る、素晴らしい景観です。

景観

セルリアンタワー東急ホテルの粋な計らいで、アペリティフ会場には当会のシンボルマークが氷彫刻で再現されていました。

氷細工

今回は本来50名弱のこじんまりとした宴を予定しておりましたが、またしても多くの方からお申し込みいただき、会場いっぱいのテーブルで準備を整えました。

セルリアン会場

まずは服部会長のご挨拶。

服部先生挨拶

そして本日のメニューを、セルリアンタワー東急ホテル・副総支配人総料理長の福田順彦氏より説明頂きました。

福田総料理長挨拶

伝統の継承・・・と名付けされた今回の料理。

それは伝統的なロティ料理と日本の季節をを意識した素晴らしいものでした。

メニュー解説

続いてシェフソムリエよりワインの説明が行われました。

ソムリエ解説

飲み物

今回は、当会用に限られた予算の中、お料理に合うスマートなセレクトをしていただきました。

シャンパーニュは、
モエ・エ・シャンドン ブリュット インペリアル

白ワインは、
プイィ・フュメ シャンデリアン プレステージ
ジャンクロード シャンテリアン 2005


そして赤は、
シャンボール・ミュジニー ブシャール ペール・エ・フィス 2005
というラインナップです。

そして気になるお料理とは、


アミューズ・ブーシェ

アミューズ2

上に乗っているのがマッシュルームのカルパッチョ、下には菊の花びら、マグロと帆立・アワビ山茸のタルタル仕立てです。

さっぱりとした第一印象の後、コクのあるマッシュルームの旨みとタルタル達の複雑な味が合い混ざって、なんともいえない旨さを作っています。
これはシャンパーニュにぴったりです。


香ばしく焼き上げた秋刀魚 秋茄子とズッキーニと共に

秋刀魚

先取りと名残・・・を連想させる福田総料理長のセンスのよさを感じるお料理。
今年は旨みが強い秋刀魚を、シェーヌ(チェーン・・・鎖=絆)のイメージで、鎖のようにつないで飾り付けていました。秋野菜の秋茄子と夏野菜のズッキーニが付け合わされています。

秋刀魚の下は、ホテル自慢のクロワッサン生地に南仏野菜を添えていました。ソースは秋刀魚の内臓を加熱して裏ごししたものに、ブラックオリーブのピューレをあわせたものです。


オマール海老とトマトのガスパッチョ
少しスパイシーなアヴォカドのカネロニ添え


オマールとガスパッチョ

甘くてやわらかみのあるシコシコしたいオマールと、アボガドの対比が面白い逸品です。
ガイパッチョは、さすがプロヴァンスレストランを持つ当ホテルならではの素晴らしいものです。


皆さんだんだん盛り上がってきました。
ディネアミカルは、フレンドリーディナーですから、仲間同士楽しくわいわいと食べるものです。

空閑さん達

日本本部副会長の福田さんや料理研究家の空閑さん、鳥山さん、ワインのスペシャリスト君島さんなどの会員とそのお友達達です。

小川さん達

柿傳の安田社長、小川先生ファミリー、今年申請を出された中澤乳業の江川さん、関東支部事務局の榎本さん、谷川理事とわたくし引地です。


ピジョンのファルシー フォアグラ風味

ピジョン

鳩の中には、トリュフ風味の詰め物とフォアグラがたくさん詰まっています。

鳩2

ルイ14世全盛期を彷彿とさせる料理ではないでしょうか。
ソースはマデラ酒入りの濃厚なソースです。
素晴らしく美味しいものでした。


メイン料理が終わるころには皆さん盛り上がりも頂点ですね。

服部先生達

服部会長のテーブルは、ホテルオークラの橋場さんご夫妻や、いつも参加していただける鈴木さん・清水さん・佐藤さんですね。

鈴木理事達

こちらは鈴木理事のテーブル。山中さん、石井ご夫妻、中野ファミリーと、こちらも楽しそうです。

原田さん達

原田名誉会長も楽しそうです。


ワインもまだたくさんあるのでチーズはいかがでしょうか。

チーズの盛合せ


根岸・糠信さん達

日本本部理事でホテルオークラの根岸さん、料理研究家の糠信さんたちのテーブルも盛り上がっています。



宝石のようなポワールとマロンのグラス

デザート

ホワイトチョコレートで洋ナシを模り、ワインに漬けた洋ナシとマロンのアイスの組合せです。
こちらのホテルは、パリ屈指の高級ホテル・・・ル・ブリストルのシェフパティシェ、ローラン・ジャナンさんが監修しているだけあって、見た目もお味も素晴らしいものでした。


福田さんと1

福田総料理長もひと段落して、会場をご挨拶に廻ってくださいました。

長門さん・本多理事・井村さん

日本本部の本多事務局長と浜名湖ロイヤルホテルの長門総料理長、井村さんの3ショット。

ウィルクス夫妻

今年アメリカカリフォルニアから転入された、ウィルクスご夫妻。今年行われた総会とて2回のディネアミカル全てに参加されています。素晴らしい!

ルクロン夫妻

グランドハイアットの総支配人ロルボさんご夫妻。


と盛り上がっているところで、時間も10時を越していました。

福田総料理長料理人紹介

福田総料理長から、本日の料理とサービスを担当した方々を紹介していただきました。

恒例の理事や参加者の皆様からの感謝の握手です。

役員感謝1

根岸さん

感謝2

感謝3

サービス挨拶


セルリアンタワー東急ホテル福田総料理長による、素晴らしいお料理そしてワインの数々、また素晴らしいサービス、眺望、またシェーヌ・デ・ロティスール協会関東支部特別価格にて対応いただきました。

本当にありがとうございました。ぜひ皆さんプライベートでセルリアンタワー東急ホテルにお越しください。
新会員として申請されています福田総料理長にご連絡していただければ、またはわたくし引地にお申し付けいただければ特別に対応させていただきます。

今回もあっという間に定員を上回ってしまいまして、参加いただけなかった方々には心よりお詫び申し上げます。どうか次回はお早目のお申し込みをいただければ幸いです。

次回は、同じく渋谷の鉄人・坂井さんのお店ラ・ロシェルを貸しきっての少し早めのクリスマス・ディネアミカルです。
ご案内は10月早々に発送されます。

またお会いしましょう。



報告 広報担当理事 引地正修















グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://blog.rotisseurs-kanto.jp/trackback/981216
Trackbacks